東松山逸品の会 > 吉福 東松山人形会館

吉福 東松山人形会館

北関東最大級専門店

吉福 東松山人形会館の周辺地図吉福 東松山人形会館のホームページ吉福 東松山人形会館へのお問い合わせ

2015年放送「逸品ウォッチャー」

2013年放送「逸品ウォッチャー」

吉福 東松山人形会館は、関東信越高速道路東松山インターチェンジ近くに在る、北関東最大級の人形専門店です。羽子板・破魔弓・雛人形・五月人形などの節句人形が、約600�uの店内に11月中頃から5月5日まで豊富に展示してあります。また、駐車場もゆったりと確保してあります(約25台分)ので、ご家族でお気軽にご来店いただけます。尚、お買い上げいただきましたお人形については、ご希望によりお届け、飾り付けもさせて戴きます(埼玉県内)ので販売員にご相談下さい。また、全国発送や修理等のアフターサービスも受け賜っております。お人形を贈る方、贈られる方の真心を大切にする経験豊かな販売員がお客様のご来店をお待ち申し上げております。

ゆかしい伝統・お正月節句飾り
1月7日は、人日と称して、古来五節句の一つとされています。こどもが生まれて初めて迎える新年を、初正月といいますが、この初正月に、厄払いの縁起物として女の子には羽子板を、男の子には破魔弓を贈ってお祝いする良き風習が昔からあり、今なお受け継がれております。 こうして贈られた羽子板や破魔弓を、家の中にお正月らしく華やかに飾ることを特に「お正月節句飾り」といっています。
●女の子には、優しく、美しく、幸せになるようにと願いをこめて 羽子板を・・・
●男の子には、雄々しく、力強く、健やかに育ての願いをこめて 破魔弓を・・・

●ひな祭りー女の赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるお節句(3月3日のひな祭り)を、初節句といってお祝いします。ひな人形が身代わりになってくれて、その子に災いがふりかからないように、又、健やかに美しく育ちますようにと願いを込めてひな人形を飾ります。
●端午の節句ー男の赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるお節句(5月5日)を初節句としてお祝いします。古来より鎧、兜は身を守るという大切な役目を持っています。五月人形として、里方より鎧や兜を贈り、男の子の誕生を祝い無事に成長して、強く、立派な男の子となるようにとの家族の願いを込めて飾るものです。又、外飾りに立身出世を願って鯉のぼりを飾ります。

吉福 東松山人形会館の店舗情報

営業時間 10:00〜19:00 (11月中頃〜5月5日まで)
定休日 製造と卸の為5月〜10月まで休業させて戴きます。
代表者名 福田進
住所 〒355-0073 埼玉県東松山市上野本81-1
電話番号 0493-23-9700
FAX番号 0493-25-2773